今川

最近の今川かずや活動報告は、Facebookページにて!

Facebook│今川 かずや(夕張市議会議員)

【選挙戦】4月21日投開票の「夕張市議会議員選挙」に立候補しています!

【選挙チラシ】
573172n  5719033n

【夕張市議会議員今川かずや 皆様へのお約束】

まちづくりに関する勉強を惜しみません!
積極的に他の市町村への視察や、セミナーや勉強会へ行き情報交換をして、得た知識を夕張のまちづくりに役立てます。議会活動についても定例市議会ごとの市政報告の発行や、インターネットでの活動報告などにより、情報発信を心がけます!!

将来世代のための政治を行います!
選挙目当ての活動や組織のための政治ではなく、子どもたちの未来に誇れるまちを残していくことを目指し、将来世代のための政治を行います!

お知らせ/イベント

★4月8日(月)に今川かずや後援会事務所開きを行います。
【4月8日16:30~ 場所:夕張市若菜15番地(1階事務所)】

★4月10日(水)に「夕張市紅葉山にて決起集会」を開催します。
【4月10日17:00~ 場所:メイプルタウン】

★4月21日(日)は夕張市議会議員選挙投開票日です!

★夕張市の再生のため、ふるさと納税のご協力をお願いします!
↓ふるさとチョイス(外部サイト)↓

https://www.furusato-tax.jp/feature/detail/01209/1181

gpfd_5cdf246b3e49443c718a16b5a1929a0e392c951e
ふるさと納税限定の非売品の返礼もございます。

メディア/掲載情報

  • 北海道新聞で不動産事業の記事を書いていただきました

    夕張市に不動産会社がなく移住や事業の相談先がなかったことから立ち上げた会社ですが、ご協力をいただきながら5年目を迎えることができました。
    >北海道新聞「この人」
    夕張唯一の不動産会社経営(2019年2月15日北海道新聞朝刊より引用)

  • 【WEBNEWS】政治山コラムで取り上げていただきました

    20代当選議員の挑戦 第9回
    「自分にしかできない仕事が、夕張にはあった」

    詳細はこちら

  • 【TV】HBCの「今日ドキッ」で活動が取り上げられました。

    北海道放送(HBC)

    夕張市破たんから10年
    「深刻・・・人口減少を食い止めろ」

    詳細はこちら

  • 理念

    • 夕張にもっと若い人を増やしたい!~都市から夕張へ!
      若者が安心して暮らせるまちに!子育てしやすい夕張を作ります!

      札幌や都市圏からの移住希望者を積極的に募集するため、働き口の創出と住環境の設備を行い、誰もが暮らしやすいまちづくりを進めます。
      利用していない公営住宅・職員住宅について利活用を推進し、空き家の利活用、民間による建設がしやすい環境を整え、市外から夕張市へ引っ越して来ることのできる多様な住宅ストックを増やします。

    • 雇用確保・雇用創出!働ける場所を作ります!

      地場にあった中小零細企業や個人事業主の育成、支援を行います。
      夕張での起業や事業者の参入を促すため、ノウハウ提供や相談員の紹介を行い、事業創出を進めていきます。
      一次産業の素材に付加価値を与える新商品開発、加工や販売を行う新規事業を起こしやすい環境を作り、農林業者と商工業者の連携を推進して、市内産業の六次化を目指します。

      「現在、夕張市は深刻な人口減の状態にあります。定住している人口が1人減るだけで、その市内の消費は年間約121万円減ると言われています。人口減は市民の生活や市内経済に大きな問題となるため、一刻も早い対応が必要です。
      さらに高齢化により、若年層・労働世代が少なく、このままではお年寄りを支える世代がもっと減っていってしまいます。
      まちに人を増やし活気を取り戻すためには、まず働く場所と住居が必要です。外へ出て行った若者が、また戻って来ることができる夕張にしませんか?」

    • 夕張市の市政情報、問題提起を積極的に発信します!

      昨今は選挙の投票率の低下が問題となっております。「政治なんて自分には関係ない」「選挙も誰に投票しても同じ」と考えている方も多いです。
      その理由としては、「何をやっているかがわからない」ということが大きいのではないでしょうか。
      夕張の市議会についても、議会が行われているのは平日昼間で、昼間働いている人はほとんど見に行けません。議員も、議会外での積極的な情報発信が大切だと考えます。
      18歳から投票権がもらえるようになりましたし、若い人にも市政に興味をもっていただけるよう、インターネットや会報を駆使した情報発信を行っていきます。

    リンク