亥年選挙、参議院選

夕張市議会議員、今川和哉です。
参議院議員選挙の結果が出ましたね。

参院選2019NHK

北海道選挙区では1位2位がわかりきっていたので、3位を誰が取るかが重要な戦いでした。
「自民党の票割りが上手くいくか」が一番の鍵でもありました。
普通に戦っていれば、知名度のある高橋はるみ前知事が100万票以上を獲得し、岩本候補は20万票程度の危うい戦いを強いられますが、今回は公明党と地方組織の票を岩本候補に固め、現鈴木知事も応援に回ることで上手い票割りができていました。この時点で、国民・共産がこれをくつがえす戦略を取るのは厳しかったと思います。

国民のはらやさんは残念でしたが、まだ35歳になったばかりの若い候補ですし、この経験を生かして今後の活躍を期待しています。

そして二枚目に投票する比例区ですが、タレント候補と組織内候補という私が嫌いなタイプの候補者が各党から出てくる制度でもあります。
まぁしかし、「全国から名前を書いてもらう」というシステム上、知名度や組織の力が必要となるので仕方がないものです。
タレント候補は今回ふるわなかったように思います。論客やコメンテーターとして知名度があるのならともかく、ただの有名人あがりではダメだと有権者も気づいているのでしょう。政党は、有権者をあまり馬鹿にしないでほしいところです。

一方で、私が思う、この比例区の理想的な投票形態だといえるのが今回当選した山田太郎さんですね。
比例区では、「全国的なイシューや政治志向を反映する政治家を誕生させることができる」という可能性を感じました。
山田太郎さんは、表現の自由の保護、マンガ・アニメ・ゲーム等の発展という政策主張を掲げ、SNS・インターネット上で多くの支持を獲得し、
自民党内の比例2位、53万票超えという戦力(成績?)を得てこの度当選を果たしました。

全国比例区はこういったものであるべきだ!と思ったところです。

【夕張市の投票状況】

さて、この比例区は、その地域の組織票の力がよくわかる部分でもあります。
比例区で政党名ではなく「候補者の名前を書く」というのは、何らかの指示があるか目的を持って投票していると考えられます。

夕張市令和元年7月21日執行参議院議員通常選挙

これを見ると、夕張市の比例区候補者名投票数で目立つのはやはり「岸まきこ」さんですね、242票!
岩見沢市の職員出身、自治労の組織内候補であります。ここは夕張市の自治労組織票の強さを感じますね。

「鈴木宗男」さんの109票もやはり北海道内の知名度勝ちといったところでしょうか、維新で真っ先に当確が出ましたね。

自民党の比例1位「つげ 芳文」さんは133票、ここは郵便局関連の票ですね。

公明党共産党以外で、まとまった組織票がこのくらいあるというのがよくわかります。

【雑談】

私が、今回の選挙区ではらやさんに期待していた理由のひとつが、政党どうこうではなく、
選挙区でまで北教組の組織内候補のような候補者が出てきたり、ここを道議のあがりポストや、知事の再就職先にしてほしくなかったという個人的な思いがあります。

中々、当選してほしい候補者というものは、当選しないものです。

令和元年度第2回定例市議会②

前回の記事に引き続き、2019年6月の議会一般質問のまとめです。

【前回の記事】

市長所信表明について
炭鉄港の日本遺産認定について
JR線路跡地等の活用について

の質問を行っております。

◆炭鉄港の日本遺産認定についての質問

(1)炭鉄港における夕張市の役割について
令和元年5月に、炭鉄港が日本遺産登録となり、メディア等においても、炭鉄港という言葉を見聞きする機会がふえてきたかと思います。

炭鉄港の取り組みについて簡単に説明させていただきますと、北海道開拓期から近代、そして現在までの流れにおける北海道を築く礎となった夕張をはじめとする空知の石炭、それを積み出した小樽、室蘭の港、石炭が支えた室蘭の製鉄、それらを結んだ鉄道が生み出したモノ・コトを炭鉄港と称し、この近代北海道を築く基となった空知・室蘭・小樽を、石炭・鉄鋼・港湾・鉄道というテーマで結ぶことにより、人と知識の新たな動きを作り出そうとする取り組みです。

そして、日本遺産とは、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーとして文化庁が認定をするもので、有形や無形のさまざまな文化財群を地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことで地域の活性化を図ることを目的としています。
ここ夕張の石炭の歴史を含む「炭鉄港」が日本遺産登録となり、また2015年に世界遺産となった明治日本の産業革命遺産、製鉄・製鋼、造船、石炭産業との強い関連性が認知され、より関心が高まることを考慮すると、夕張の炭鉱関連遺産、また小樽、室蘭等とのつながりがとても大きな価値を持つと考えられます。この炭鉄港の取り組みにおいて、石炭のマチという強い文化的背景をもっている夕張市は、どういった役割を発揮していくべきと認識しているものか、市長の見解を伺います。

【厚谷市長】答弁
炭鉄港とは、空知の石炭、室蘭の鉄鋼、小樽の港、そして鉄道で結ばれたこれらの地域が、日本及び北海道の発展に貢献した歴史をふまえ、一連のストーリーとして地域の魅力を発信していこうということでございますが、今後の取り組みなどについては、関係団体で構成する炭鉄港推進協議会を中心になって検討していくとの連絡を受けている。
本市としては日本遺産への認定を機に当該地域へ注目が集まることは大変よろこばしいことと考え、空知の炭鉱遺産、ひいては夕張の炭鉱遺産に一層の注目が集まるよう関係団体と協力しながら魅力の発信に努めていきたい。夕張としての役割の前に、炭鉄港の関係団体、それぞれの自治体が協議していく中で、炭鉄港のストーリーが認定されたということでございますから、全体で果たす役割を確認させて頂いた上で、その中で夕張の特色を打ち出してまいりたい。

(2)今後の夕張市における炭鉄港の取り組みについて
今後、日本遺産登録申請の話題とともに、炭鉄港に関する一連の期待が高まることが予想され、この夕張により多くの人が訪れるようになるために、関連地域が連携してその価値を高めていく計画と実行が必要と考えられますが、夕張市としては、この機会にどういった政策を行っていくか、お伺いします。

【厚谷市長】答弁
炭鉄港推進協議会では、炭鉄港のストーリーをもとに各地域が連携をしながらシビックプライドの醸成、国内外からの交流人口拡大に向けた取り組みを行っていくこととしているところで、
具体的な取り組みについては、今後関係団体の皆様と連携しながら検討していくが、本市としても、かつて日本有数の炭都夕張を築いた先陣たちに思いをはせつつ、先陣たちに負けないような新たな地域の魅力を炭鉄港のストーリーと共に紡いでいければと考えております。


◆JR線路跡地等の活用について

(1)旧駅舎、線路跡地の活用について
石勝線夕張支線が本年4月1日に廃止となり、北海道炭礦鉄道室蘭線の支線から数えると126年と5か月という長い歴史に幕を閉じました。
夕張市の鉄道は、単なる交通という枠を超えて、石炭を輸送してきた鉄道のマチという歴史・文化という意味もあったのではないかと考えています。

今後、「鉄道があったマチ」として、市内各地に現存する廃線後の駅舎及び線路跡地の保全を何らかの形で行っていただき、夕張市の未来と子どもたちに、鉄道はなくても、鉄道がかつて走っていた歴史というものを残していくべきと考えます。
そこで、市内各地に現存する旧駅舎や線路跡地の活用やその管理体制について、JR北海道とどのような協議を行っているか、その状況をお伺いします。

【厚谷市長】答弁
JR北海道とは平成28年8月より、約1年半にわたって鉄道事業廃止に向けた協議を行い昨年3月に最終的な合意にいたったところ
その合意において、JR北海道は現在整備をすすめている拠点複合施設に必要となる用地について本市へ一部譲渡することとされておりまして、そのほかの鉄道用地については原則JR北海道において管理することとなっている。

【今川和哉】再質問
市が把握している限りで構わないが、JR北海道が旧駅舎や線路跡地について、解体や譲渡を予定しているものがあるか

【厚谷市長】
JR北海道様の方からは解体であるとか譲渡ということの情報は現段階では頂いていない

【今川和哉】再質問
仮に今後民間の方で旧駅舎や線路用地を活用したいという要望があった場合、市としてはどうかかわっていくか

【厚谷市長】
市民の皆様ですとか、駅舎、線路跡地の活用の希望があった場合の市の対応は、まず拠点複合施設に必要となる用地については手続きを行っている。
それ以外の鉄道用地などについては、原則JR北海道にといて管理をする。
そのため、市民の皆様から今後駅舎、線路跡地の活用について要望があった場合、JR北海道様へその旨をお伝えし、場合によっては市も別途協議する。
順序としては、まずJR北海道へ申し送ることとなる。

(2)拠点複合施設周辺の線路跡地について
南清水沢に建設中の拠点複合施設には、線路跡地が隣接しています。周辺の土地の取得や活用についてはどのように検討しているお伺いします。また、小樽の旧手宮線跡のような、入って写真を撮ることができる線路跡というのは、観光客にも人気の写真スポットとなっています。線路を複合施設敷地に遺産として展示するような考えはないか、市長の見解を伺います

【厚谷市長】答弁
施設建設に必要な土地の譲渡についてJR北海道と協議を進めている。
線路一部展示については、すでにJR北海道において線路の撤去が行われているため、拠点複合施設近くでの実現は困難である。

【今川和哉】
まだ活用されていない周辺土地についても、今後歴史文化等を含めた多様な視点から、土地の活用検討を行っていっていただきたいとお願い申し上げます。

■■■■■■■■★☆★■■■■■■■■

文字数の関係でこちらで掲載したものよりは少なくなりますが、他の議員の質問も含め、8月の議会だよりに掲載予定です。
夕張市議会議員 今川和哉

令和元年度第2回定例市議会①

夕張市議会議員今川和哉です。6月の夕張市議会の一般質問のまとめです。
任期が新しくなり、2期目最初の一般質問となります。

市長所信表明について→4点
炭鉄港の日本遺産認定について→2点
JR線路跡地等の活用について→2点

の質問を行っております。
まず、1件目の市長所信表明について今回の記事でまとめます。

【市長所信表明について】質問4点

(1)市長所信表明で述べられております歳入確保策について、自主財源の確保策としては、主にどういったものを考えているか

【厚谷市長】答弁
本市財政再生計画において歳入の増加計画として使用料や手数料の額の変更、財産の有効活用などの施策を記載しておりますけれども、今後においても計画の乗っ取り確実な収入の確保に努めてまいりたいと考えております。
その上で市税等の徴収につきましては、これまで他の自治体や民間企業のほか、公認会計士、ファイナンシャルプランナーの方々など、多くの支援・協力を頂きながら徴収率の向上に努めてまいりました。
今後もこれらの取り組みによって得られたノウハウを充分に活かして計画的な徴収を進めて参ります
また、国や北海道の各種制度について、常に情報の収集、整理と活用の検討を怠らないようにするとともに、財政再生団体である本市の状況を伝える場においては的確に伝えた上で最適な財源の確保を行ってまいります。ふるさと納税、企業版ふるさと納税につきまして、こちらは本市において大変貴重な財源となっているところです
ふるさと納税につきましては直近の3年間を見ますと、毎年3億円を超える寄附を頂いているところでございまして、今後もご寄附頂いた方とのご縁を継続できるよう、また少しでも多くの方に本市へ興味を持って頂けるよう、引き続き夕張ならではの魅力を積極的に発信できるように努めてまいります
一方、企業版ふるさと納税でございますけれども、今年度が制度の最終年度となっております
現在、国において制度の継続についての議論が行われているところでございますが、引き続きこうした情報の収集に努めながら、仮に制度の継続となった場合には企業の皆様から応援頂けるような魅力づくりに努めてまいりたいと考えております。

【今川和哉】再質問
企業版ふるさと納税が継続になった場合、今まで企業版ふるさと納税で寄附を頂いていた企業に対して、今後も寄附を行っていただけるよう働きかけていく考えはあるか

【厚谷市長】
定例会が終了しました後、東京関係のご挨拶まわりを予定しております
その中には企業版ふるさと納税でご支援を頂きました企業にも訪問したいというところで、調整させて頂いているところです
そのような形で、しっかり夕張を応援してくださる方々にお礼を尽くしてまいりたいと考えています

【今川和哉】再質問
個人からのふるさと納税について
ふるさと納税は夕張市の相当な財源となっていると考えておりますが、こちらのふるさと納税の増加に向けた課題はどういったところにあると考えているか

【厚谷市長】
個人からのふるさと納税についても、従前から夕張を応援して頂くという意味合いで寄附を頂いている方が非常に多いと感じている
その中には返礼品競争という意味合いではなく、クラウドファンディングの例にもあるように、夕張市がどのような事業に活用するかを明確にしながらご支援を頂くことが本当に必要であると感じている
今限られた媒体の中で、ホームページやふるさとチョイスのサイトにおいて、絶大な応援を頂いているところですし、一般的な紙媒体のパンフレットについても、それぞれのPRの場で積極的に活用していくということを続けていくことが大切と考えている

【今川和哉】
返礼品競争ではなく、その使い道で寄附者に喜んでもらえるふるさと納税になることを期待しています

(2)広告収入の増加策について
夕張市ホームページのバナー広告を確認したところ、本日現在、掲載企業がございませんでしたが、こういった広告収入のような財源の獲得に向けた広報・その他条件の見直しや、新たな広告募集の検討については行っているか、お伺いします。

【厚谷市長】答弁
指摘のとおり掲載企業については減少してきているのが事実です
市内の事業者の割引制度、複数割引制度、長期契約割引制度などの策を講じるとともに、より魅力的な広告媒体の表示が可能となるよう画像の容量をふやすなど掲載企業の確保につとめてきましたが、
しかしながら広告収入の増加は厳しい環境ですが、今後も引き続き必要な見直し、勘案策を検討していきたいと考えます

【今川和哉】再質問
バナー広告のようなものは、市外からの収入を得る目的のほか、市内企業の広報を行うという一面もある
問い合わせがないようなら、市内企業の条件をもっと軽減して見直すのも一考ではないでしょうか

【厚谷市長】
金額が多かろうと少なかろうと色々なものに取り組めるよう市から働きかけを行うべきというご趣旨と思います
具体的な取り組み方法については現在は決定しているものではないが、色々な機会を通じてバナー広告も含めて募集しているということを、少しでも目にとまる形でHPに掲載するとか、お客様が来られたときに募集していることを紙媒体でお渡しするとか、検討してまいりたい

(3)市民参加型のまちづくりを行うための継続性のある市民参加について
以前行われたまちづくりマスタープランの検討や、複合施設の検討委員会等に、私も参加させていただきましたが、こういった一般の市民や市民団体の代表の方を構成員とした委員会等で、集まった皆様が議論するという機会は、議員や職員とはまた違った目線で様々な意見が出される貴重なものであったと認識いたしました。目的をもって集まった委員会については、終わり次第解散してしまいますが、せっかく、市民がマチのことを自分ごととして考えて、意見を出せる機会です。一時のもので終わらせず、継続して市民がまちづくりに参加し意見反映ができる機会というものが求められているのではないかと考えますが、この点につき市長の見解を伺います。

【厚谷市長】答弁
市民参加の取り組みについては、これまでの取り組みはご承知頂いているかと思いますが、まちづくりマスタープランやその理念・内容を踏襲したその目標を実現するため具体的な行動内容を定めた地方版総合戦略の策定などにおいて、委員会を設置して委員として市民の皆様に参画を頂いてきたところです
これからの部分について、現在検討しているのは議員の方から質問があったように委員会を設置した後それを継続的に残すかどうかについては、まだ検討が進んでいないところです
市政懇談会について、前市長と同様に取り組んでいきたく、その中で、市民の皆様の声を可能な限り市政に反映することが重要であると考えている
これまでの市政懇談会の取り組みも参考にしながら、その方法について様々な観点から検討してまいりたい

(4)拠点複合施設の運営における市民参加について
南清水沢における拠点複合施設が稼働した後も、施設の管理運営やイベントの開催等について、市民が自分ごととして考えられるために利用者たる市民が意見を出し合って運営ができるような参加体制づくりが重要であると考えますが、市長の見解を伺います。

【厚谷市長】答弁
現在の進捗状況について、建設については30%の進捗状況となっている
今後市道を含めた外構工事を行い、本年12月の完成、来年度中の供用開始に向けて準備を進めている
その中で、(市民が)自分ごととして積極的にかかわっていけるように、求められる機能や役割をしっかり踏まえて、効果的で効率的な事業の展開など施設の有効活用を図ることが必要
施設の管理については今は市がしっかりやっていく
本施設については将来にわたり愛され活用されることが大切であると考えるので、供用開始後の利用が促進される運営方法について市民や団体の皆様とどのように連携したら良いか検討していく

【今川和哉】再質問
拠点複合施設の管理については、まずは市が主体として行うという答弁のようでしたが
この後の管理について、何らかの形で市民が関与することは考えているのか

【厚谷市長】
現在市の内部でも検討している中で、議員もご承知頂いているとおり拠点複合施設というのは多目的な施設である
これに類する施設は、今まで市にはないものだった
例えばホール機能、バスの結節点、子ども子育て支援のスペース、図書コーナーもある、会議室もある
全体でどういった運用になるかは、実際に稼働して見なければ分からない
現状確認しながら対応していく部分もあるだろうと内部で協議しており、当面については施設の管理は市がしっかりさせて頂く
運営をしていく中で動きが出てくれば、そういったもの(市民参加)についてどういった対応ができるか、検討の中で考えてまいりたい

■■■■■■■■■■■☆★☆★■■■■■■■■■■■

残り2件の質問について、順次次の記事でまとめます。
今川和哉